タブの木

古来「厄除の木」として信仰されてきたタブの木。当宮のタブの木は、樹齢約700年を誇る巨木で、摂社・高良神社の御神木として地元の人々から大切にされています。