カヤの木

南総門前東側に立つカヤ(榧)は樹齢700年以上、根周り7m、樹高約20m、樹冠30m
の巨樹であり、京都府下のカヤのなかでも有数の巨木といわれています。春に開花し、果実は秋に成熟します。

その昔、カヤの実はカヤ油として灯油などに使われ、大山崎油座でも有名なとおり当宮と油の関係から御神木として今なおその名残を示しているのかもしれません。

現在このカヤの実は当宮の重儀である石清水祭の神饌として使われおり、また茶道・裏千家の初釜式において「蓬莱山飾り」という新春のお飾りにも用いられています。