石清水八幡宮

ホーム
>
祭典行事
>
御朱印のご案内

当宮では本宮の御朱印をはじめ、摂社の御朱印も授与しています

御朱印の起源

御朱印の歴史は古いとされており、室町時代から安土桃山時代にかけて全国各地の神社・寺院を巡ってお参りして「納経」することでご利益を得ようとする「巡礼」が始まったことがきっかけとなったと考えられています。当時は神社にも仏教のお経がお供えされていました。それに対し神社や寺院からは、お経を納めた証として神仏の御印である御朱印を渡し、参詣者はそれらを集めることで神仏の御加護を願ったとされています。

当宮の御朱印

当宮では、本宮の御朱印をはじめ、摂社 武内社、摂社 石清水社、摂社 高良神社の御朱印もお受けいただけます。お受けの際は、各社をご参拝のうえ、山上の「おふだ・お守り授与所」にてお受けください。なお、武内社につきましては、社殿内部にお祀りされておりますので、御本殿前にてお参りください。

境内のご案内

石清水八幡宮 本宮 御朱印

当宮の御朱印です。御本殿(本宮)向かって右側の「おふだ・お守り授与所」にてお受けください。
また、本宮御朱印とともに各摂社の御朱印も受けられる方は、本宮御朱印と同じく「おふだ・お守り授与所」にてお申し出ください。

初穂料 300円

摂社 武内社 御朱印

武内社は摂社ながら社殿の廻廊内に、八幡大神に寄り添うかのように位置し、国の重要文化財に指定されています。御祭神の武内宿禰は本宮主祭神の応神天皇と神功皇后に仕え、300年以上生きたと伝わる武人で延命長寿の神としても篤く信仰されています。
なお、武内社へのご参拝は御本殿前にてお参りください。

初穂料 300円

摂社 石清水社 御朱印

男山中腹に位置する石清水社は霊泉「石清水」を核とした摂社で、当宮の名の由来となった本宮御鎮座以前の起源に遡り、傍らには石清水山寺が建立されていました。
石造りの神明鳥居には、松花堂昭乗の書による銘文が刻まれており、境内に完全な形で残る鳥居としては最古のものです。
当宮にて斎行される年間100余の祭典には、当日早朝に汲み上げられた「石清水」が御神前に献供されています。

初穂料 300円

摂社 高良神社 御朱印

徒然草第52段、仁和寺のある法師が山麓の極楽寺・高良神社などを本宮と勘違いし山上まで上がらずに帰ってしまったという話は有名ですが、高良神社は摂社の中でも、八幡地区の氏神として篤い崇敬を受けています。 創建は、貞観2(860)年とも同11(869)年ともいわれ、慶応4(1868)年の鳥羽伏見の戦いの兵火によって炎上しましたが、その後、幾度かの再建・移築を経て、現社殿は明治39年に元の位置に再興されたものです。

初穂料 300円

御朱印帳

当宮では、勅祭 石清水祭の神幸行列の様子を刺繍した特製の御朱印帳および御朱印帳袋を授与いたしております。お受けの際は「おふだ・お守り授与所」にてお受けください。

・御朱印帳 2,000円(御朱印代別)
・御朱印帳袋 1,500円


COPYRIGHT (c) IWASHIMIZU HACHIMANGU ALL RIGHTS RESERVED.

〒614-8588 京都府八幡市八幡高坊30 / TEL 075-981-3001 / FAX 075-981-9808