石清水八幡宮

新嘗祭

11月23日(月・祝) 10時
 
     

新嘗祭(にいなめさい)とは、古くから年毎の11月に宮中及び全国の神社で行われる重儀であり、2月に五穀豊穣を祈願し斎行される祈年祭と対置する収穫感謝祭です。


古来、常に日本人の生活・文化の中心である稲米は、その年の豊作・不作により生活を大きく左右するがゆえ、人々は神々にその豊作を祈り、収穫に感謝し、そして、その年の新穀をまず始めに必ず御神前にお供えしてきました。
それが新嘗祭であり、日本人に根付く神道文化の原点と言えるでしょう。


当宮においても各献穀者から奉納された新穀を御神前にお供えし、献穀者参列のもと厳粛に斎行しています。

 


COPYRIGHT (c) IWASHIMIZU HACHIMANGU ALL RIGHTS RESERVED.

〒614-8588 京都府八幡市八幡高坊30 / TEL 075-981-3001 FAX 075-981-9808