石清水八幡宮

ホーム
>
石清水八幡宮にまつわる話
>
はちまんさんと徒然草

古(いにしえ)に果たせぬ法師の想いを今

これは吉田兼好の随筆『徒然草』に、文中最後でも述べられている通り、「些細なことでも、そのことについて導いてくれる人が必要である」という教訓を説く例として登場する場面です。そもそも、この、ある法師の勘違いは石清水八幡宮の御本殿が男山山上にあり、さらには山麓にも別のお社があることにより起こりますが、文中の極楽寺は元慶7(883)年に建立され立派な伽藍でしたが、慶応4(1868)年1月に「鳥羽伏見の戦い」の兵火で焼失し現存していません。また高良神社は当宮の摂社ですが、八幡の氏神でもあり、毎年7月17・18日には「太鼓まつり」が八幡の夏の風物詩として賑やかに行われています。

『徒然草第52段』の通り今も高良神社の脇から表参道あるいは裏参道にて山上の石清水八幡宮御本殿まで約20分程度で上がれますので、念願果たせなかった仁和寺のある法師の分までご登拝いただけますよう心よりお待ちいたしております。

境内のご案内

高良神社 太鼓祭り

 


COPYRIGHT (c) IWASHIMIZU HACHIMANGU ALL RIGHTS RESERVED.

〒614-8588 京都府八幡市八幡高坊30 / TEL 075-981-3001 FAX 075-981-9808